大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2017.06.28更新

皮膚や靭帯、脂肪組織や血管など、骨組織を除く部分を軟部組織と言います。犬や猫などのペットは、この軟部組織に異常を起こす事があり、状態によっては手術が必要となります。

例えば病気の一例として「膀胱結石」があげられます。大腸菌やブドウ球菌等、細胞感染が起こると膀胱に炎症が起こります。すると、尿成分にアンモニウムが増えてミネラルとタンパク質が結合し、結石が出来てしまうのです。

膀胱結石が出来ると、血尿、排尿後にも尿が垂れてしまう、頻尿、痛みなどを伴います。単に膀胱炎であれば、抗生剤などを投与する事で治療が行えますが、膀胱結石の場合は手術を行い結石を除去しなければなりません。

他にも、軟部組織の病気として子宮蓄膿症があげられます。子宮内に細菌が侵入した事により、炎症を起こして化膿し膿が溜まる病気です。内科的な治療は可能ですが、今後の再発、副作用等を考慮すると、外科手術によって子宮や卵巣を切除する方法が確実と考えられています。

大切なペットに手術でメスを入れる事には抵抗があるかもしれませんが、ペットの体を守るためには必要な事です。堺市にある当院では、膀胱結石や子宮蓄膿症など、軟部組織に起こる病気に関するご相談を承っております。もし、いつもと違う様子がうかがえた場合は、まず一度当院までご相談下さい。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887