大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2013.07.31更新

当動物病院では、ペットの歯の健康のために、はみがき教室を実施しています。
ペットが歯ブラシに慣れたり、はみがきをうまくするやり方なども分かるので、お客様に好評な教室です。
ペットも、ムシ歯にもなりますし、歯石も貯まるので除去しないといけません。
また、歯石を放置すると歯槽膿漏にもなります。

歯の健康は、人間と同じで歯が健康でないと食事もうまくできないのでしゃべれないペットのためにはみがきをして、歯を大事にしてあげてください。

とくに、犬は人間と違い歯と歯肉が深く根付いています。
モノが当たっただけで骨折したという事例があるくらいデリケートな場所です。

ペットの虫歯や様子がいつもと違うようなら、堺市の当動物病院にご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2013.07.31更新

当動物病院は、はやいもので医院を開業してから15年たちます。
月日のたつのは、早いものです。
堺市の地域のかかりつけの動物病院として、しつけ教室やお悩みや相談に対応してきました。

個人病院なので、院長がすべて行うために意見が偏ったりしないために、近隣の個人病院(6医院)と情報ネットワークを構築しています。

学会にも足を運んで知識吸収にも邁進している日々です。
難しい病気や手術の内容や分かりやすくお応えするように努力しています。
もし、病気のことや手術の内容でご不明な点があれば、院長やスタッフに相談してください。

これからも、地域に愛される動物病院を目指していきたいと思います。
お家のペットのことでお悩みでしたらご来院してください。

投稿者: 大下動物病院

2013.07.24更新

ペットの病気で多くて意外な病気があります。
ヘルニアです。
犬がよくかかります。
犬種としては、ダックスフンドやコーギーやビーグルがかかりやすいです。

病状としては、じっとして動かない、寒くないのに震えている、触られるのを嫌がる、食欲がないなどがあげられます。
ヘルニアの治療は発症してからおよそ8時間以内だと治療が効果的なので、様子がおかしいと感じられたらかかりつけの病院で診察してあげてください。

動物はしゃべれないので、飼い主の注意力が病気の発見につながります。
ヘルニアは、軽い腫瘍から悪化すると後ろ脚のマヒにつながります。

家で予防するには、滑りやすいフローリングにカーペットをひいてあげたり、脊椎に負担がかからないようにしてください。
いつもと違っていたら、堺市の当動物病院でご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2013.07.16更新

ペットに避妊手術というと、健康な身体にメスをいれるので抵抗のある方もいると思います。
ただ、子どもを産ませる気がないのでしたら、早めの避妊手術をおすすめしています。

避妊手術をするメリットは、まずは、病気の予防ができます。
避妊手術は、基本6カ月くらいから発情前にします。
発情前なら、犬なら乳腺腫瘍が、99、5パーセント、猫なら91パーセント予防できます。
マーキング行動を抑制する効果もあります。

デメリットは、身体にメスをいれるので身体にも精神的にも負担になることです。
太りやすくもなります。

避妊手術は、良好なら入院せず、当日に退院することができます。
散歩は、術後3日目から、抜糸は、10日後です。

ペットの避妊手術についてお悩みでしたら堺市の大下動物病院にご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2013.07.08更新

ペットは、いまでは家族同様という方が多いと思います。
話すことができないペットの病気のことのお悩みや定期接種のご相談などネットで24時間メールを受け付けています。

初めてペットを飼う方は、分からないことも多いと思いますし、長年一緒にいても加齢で調子を崩すこともあります。
気になる小さな変化がありましたら、ご相談ください。

病気は、人もペットも早期発見・早期治療が大事です。

堺市を中心に大阪や奈良と遠方から来られる患者様もいますので、駐車場もご用意しています。
患者様と診断のときもきちんと対話をし、コミュニケーションをとれるように努力しています。
患者様とペットの心のよりどころになるかかりつけの動物病院を目指しています。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887