大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2013.08.29更新

当院では、ワンちゃん、ネコちゃんだけではなく、ウサギちゃんの診察も得意としています。

ウサギちゃんは、警戒心がとても強い動物です。
だから、飼い主様にも弱いところは見せないことが多いので、見るからに具合が悪そうな時は、我慢の限界、ギリギリの状態、ということがほとんどです。
また、ストレスを溜めやすいので、ちょっとした環境の変化などでも病気になったりします。
うっ滞と呼ばれる、食欲不振から胃腸の動きが停滞する状態になると、あっという間に死に至ってしまうこともあるのです。

ウサギちゃんは、本当に急変しやすい動物です。
そのため、ウサギちゃんも診れる病院ではなく、ウサギちゃんを診れる病院にかかっておくと、イザという時に安心です。
当院は、ウサギちゃんを診れる病院ですので、安心してお任せください。

投稿者: 大下動物病院

2013.08.27更新

ワンちゃんを飼い始めたばかりの方で、トイレのしつけについて悩んでいる方は多いことでしょう。
そこで当院では、トイレのしつけについても相談に乗らせていただいています。

多くの飼い主様が、ワンちゃんを部屋の中で自由に遊ばせて、部屋の隅などの決められた場所でトイレをするように教えますが、それは無理なことなんですね。
教える順番が違うのです。
またワンちゃんは、ペットシーツや新聞紙など、人間がこの上でトイレをしてくれたら助かるな、と思っているところでトイレをするような動物でもありません。

まずは、これらのワンちゃんの行動や習性、そして教える順番を理解しましょう。
それに従って、焦ることなく教えていけば、ワンちゃんは覚えてくれます。
そのコツを当院では丁寧にお教えしますので、焦らずトイレをしつけましょう。

投稿者: 大下動物病院

2013.08.21更新

当院では、ペットの病気の治療や予防だけではなく、ワンちゃんやネコちゃんの問題行動に対するカウンセリングも行っています。
大切に想い、家族のように可愛がっているペットでも、問題行動には困ってしまいますよね。
そういう時、どんなことでもお気軽にご相談ください。

当院のスタッフは、全員がワンちゃんのトレーニングについて勉強をしているので、様々なケースに的確なアドバイスをすることができます。
そして、飼い主様と可愛いワンちゃんやネコちゃんが、よりよいコミュニケーションが取れるように、しつけや矯正のアドバイスをしながら、飼い主様とも信頼関係を深めていきたいと思っています。

困った時、どうぞ安心して、大切な家族であるペットをお任せください。
ペットとも飼い主様とも、真剣に親身に向き合わさせていただきます。

投稿者: 大下動物病院

2013.08.11更新

人は、大抵かかりつけ医を持っていると思います。
子供が産まれたら、どの小児科をかかりつけ医にするか悩む人も多いでしょう。

病気になった時、いきなり大学病院などの大きな病院には行かないですよね。
まずは、かかりつけ医に相談して、診てもらって、大きな病院での検査や治療が必要となれば、紹介状をもらって行くと思います。
そのように、安心してまず最初に相談するのが、かかりつけ医だと思います。

大切な家族であるペットも、人と同じように、かかりつけ医を持つことが大切と言えます。
当院は、ペットのかかりつけ医であれるよう、近隣の動物病院の院長さまと情報ネットワークを構築したり、大学の先生方を招いて勉強会を開いたりして、日々勉強し、治療に取り組んでいます。
大切なペットの、どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2013.08.09更新

ペットを飼っている方にとっては、ペットは大切な家族ですよね。
その大切な家族の健康を守ることは、飼い主の使命だと思います。

人間にとっても、病気の早期発見、早期治療のための定期検診はとても重要ですが、それはペットも同じです。
ペットは痛みや苦しみを言葉で伝えられないですし、ペットによっては、飼い主に心配をかけたくないという本能で、具合が悪いことを隠してしまうこともあります。
だからこそ、病気の早期発見のため、そして健康維持のため、定期的に健康診断を受けることが大切になってきます。

当院では、半年から1年に1回の健康診断をおすすめしています。
検便や検尿、聴診、触診、視診、血液検査、レントゲン検査などを行います。
いつまでも元気に一緒に暮らせるために、健康診断を通してペットの体の声を聞いてあげましょう。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887