大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2014.04.24更新

当院は堺市に開業して15年になる、手術専門の動物病院です。
院長がすべての診察、診断を行っておりますが、近隣の動物病院6医院の院長様と情報ネットワークを構築しており、協力し合っています。
大きな手術の場合には、お互いが医院に出向き、複数の立会いのもとに行います。

また当院では、難しい病気や手術内容について、事前に十分時間をかけて説明をさせていただきます。
遠慮なく何でもおっしゃって下さい。

待合室は光の入る明るい雰囲気を目指しております。
また、ワンちゃん、ネコちゃんのストレスを少しでも軽減できるよう診察室は二つあります。入院舎も、ワンちゃん、ネコちゃん用に分かれています。

ペットは話すことができません。
患者様とコミュニケーションをとりながら、ペットの痛みやつらさを代弁できるようつとめています。

投稿者: 大下動物病院

2014.04.22更新

ペットとして犬や猫と一緒に暮らす堺市の方、可愛いワンちゃんやニャンコちゃんが一日でも健康で長生きしてほしいとお考えでしょう。
そのためには日ごろのケアが大事です。
当院ではペットの歯磨き教室を行っております。
まるで人間みたいとお思いでしょうが、その通りなのです。
人間も動物も歯の健康は体全体の健康と関係しています。

また、飼い主様が歯磨きをしておくことは何よりものスキンシップであり、病気の早期発見につながる場合もあります。
日ごろから口周りを触ることに慣れさせておくと、万が一の時に薬を飲ませる練習になります。

ペットは言葉で痛みを訴えられないため、病気が進行してから飼い主が気が付くことが多く、全身麻酔での抜歯処置という大事になります。
毎日の歯磨きと定期検査がペットの歯の健康のために必要です。

投稿者: 大下動物病院

2014.04.17更新

心地よい穏やかな春が到来しましたが、ペットたちの身体の調子はいかがでしょうか。
春といってもまだまだ気温の変化が激しい日もあります。
私たちもそうですが、季節の変わり目はペットたちも体調を崩しやすい時期です。
堺市にお住まいで嘔吐や下痢など、ペットの気になる症状がありましたら、ぜひお早めに当院へご相談ください。

当院は、カウンセリングを重視した動物病院です。
症状やお悩み、ご要望などをじっくりと伺い、真摯に治療に取り組んでいます。
分かりやすい説明を心掛け、ご納得いただくまで丁寧に対応いたします。

話すことができないペットたちの痛みや辛さを代弁し、オーナー様とペットの橋渡しになれるよう、しっかりと診察いたします。

ペットのことなら、ぜひ当院へお任せください。

投稿者: 大下動物病院

2014.04.09更新

大切なペットが調子悪そうにしていると、「どこか痛いのかしら」「だるいんじゃないか」ととても心配になります。
でもペットたちは、自分の言葉で不調を伝えてはくれません。
当院は、そんなペットたちの痛みやつらさを代弁できるような動物病院を目指しています。

個人病院の利点は、院長自ら診察し診断できることです。
しかしその反面、視点が偏りがちという欠点もあります。
当院では、堺市の近隣の6つの動物病院と情報ネットワークを構築し、迷いが生じた時、前例がない時など協力し合って診察を進めております。

また、安心して診察にきていただけるよう、院内にもいろいろと気を配らせていただきました。
ヒーリングミュージックをBGMに流したり、ストレスを与えないよう診察を2つに分けたりもしています。
どうぞお気軽にお越しください。

投稿者: 大下動物病院

2014.04.02更新

さて、椎間板ヘルニアは人間にだけ発症するとは限らず動物にも発症する症状であり、特に犬の発症率が高いと言われています。

ワンちゃんの様子をよくご覧になられると、ほとんど動かない、いつも震えている、触れられるのを嫌がる、食欲が落ちたなどといったことがあれば、それは椎間板ヘルニアを発症している可能性が考えられます。

当院で治療を行う場合、症状に応じて治療法をご提案させて頂いておりますが、安静にすることと投薬のみで改善できる場合もあり、必ずしも手術に直結するとは限りません。

万一、手術が必要となった場合は、飼い主様にご納得いただけるようご説明させて頂きます。
当院は開業して以来、コミュニケーションを大切にしていることから堺市の多くの飼い主様から支持され続け現在に至っております。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887