大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2015.03.30更新

ペットがいつもより食欲がない、なぜかお散歩に行きたがらない、など、いつもと違うな、と思うことがありましたらお気軽に当院へご相談下さい。

動物は言葉を話すことができません。
どの辺りが痛むのか、どの程度の痛みなのか、飼い主様でもわからないことがあります。
たいしたことではないだろう、と思っても、実は悪い病気の初期症状の可能性もありますので、すこしでも様子が違うと思ったら早めにお連れください。

当院はペットのかかりつけ医として堺市にお住まいのワンちゃん、ねこちゃんたちを多く診察してまいりました。
近隣の動物病院とも連携をとり、独りよがりの診察にならないよう、また、判断が難しい場合は情報交換をしながらしっかりと診察をしています。

投稿者: 大下動物病院

2015.03.23更新

大切な家族の一員のペットですが、ペットたちも骨折や脱臼もしますし、ヘルニアも発症します。
またがんや腫瘍ができてしまうこともあります。
その場合には人間と同じように早期発見、早期治療が必要です。

体調が悪かったり、痛みがあってもペットは言葉を話せないため伝えられません。
そのため普段から注意して観察し、少しでも様子がおかしいと思ったら当院へご相談ください。

当院は堺市でオーナー様とペットたちとの橋渡しになりたいと思っている動物病院です。じっくりと症状やお悩み、ご要望などを伺った上で治療を行っています。
難しい病気や手術を行う際には、事前に十分な時間をかけ丁寧に説明をいたします。

また近隣の6つの動物病院と連携しており、複数の院長立会いのもと、治療を行うこともありますので、ご安心ください。

投稿者: 大下動物病院

2015.03.17更新

大阪府堺市にある当院は、動物の外科手術が専門の動物病院です。
会話ができないペットの気持ちになって、治療や手術をしていきます。
主に、犬や猫の避妊、去勢手術を行っております。

当院は個人病院で、院長がすべての診察と診断を行っております。
しかし、その弊害として、視点が偏ってしまうことがあります。
そのため当院では、近隣の6つの動物病院の院長様と情報ネットワークを構築しているのが特徴です。
前例が少ないとき、比較的大きな手術のときなど、お互い協力し合います。

院内感染や2次感染を防ぐためにも衛生面を重視して、待合室や診察室、手術室などの院内設備も整っております。
また、飼い主様とペットの掛かりつけの動物病院として、解りやすく納得いくまで丁寧にご説明をいたします。
どうぞ安心してお任せください。

投稿者: 大下動物病院

2015.03.10更新

堺市にあります当院は、ペットたちの手術を得意とする動物病院です。
去勢、避妊手術はもちろん、骨折などの外科手術、がんや腫瘍の手術など、幅広く対応しております。

また、最近増えてきているのが犬の椎間板ヘルニアです。
軽い腰痛ですむ場合もありますが、悪化してしまうと後ろ足がマヒしてしまう危険性もある怖い病気です。
じっとして動かない、触られるのを嫌がるようになった、食欲がないなどいつもと様子が違う場合は、体に不調を抱えている可能性がありますので、早めにご相談ください。

当院では、つらさや痛みを言葉で伝えることができないペットたちのために、飼い主の方に少しでも分りやすく、ご納得いただけるまで丁寧に病状を説明いたします。
ペットについて、気がかりなことがありましたら、遠慮せず、何でもお聞きください。

投稿者: 大下動物病院

2015.03.04更新

当院は堺市で15年、ペットのかかりつけ医として地域の皆さんにお世話になっています。

ペットたちは痛みや辛さを話せません。
そのため、普段と違う様子があるときなどは、まずはご相談ください。
ご家族のお話を聞きながら、丁寧に診察して症状を正しく診断いたします。
難しい症例でも、地域の6医院で情報ネットワークを構築しており、それぞれの知識や経験を活かして協力しあっているので、安心です。
アフターケアも、コミュニケーションを大事にしながらしっかり行います。

当院では、海外渡航に必要なマイクロチップや手続きまでご相談にお応えします。
また、ペットのしつけ方法や、正しい飼育環境などについても、適切に指導致します。

どのようなペットの症状もお気軽にご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887