大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2015.09.29更新

動物病院に大切なのは、卓越した技術と充実した設備、そして動物たちの言葉を理解しようとする心だと思います。

病院へ来る動物たちのほとんどは、痛みやつらさに耐えています。
また、飼い主さんの多くも同じように悩み、疲れています。

当院は、そんなみなさまの気持ちに寄り添い、少しでも希望の光を見つけられるよう最大限努力いたします。
そのため、自分たちの経験だけに頼らず、近隣の動物病院とも連携をとって情報交換を行い、難しい病気や珍しい症例にも的確な診断を行う努力も欠かしません。

ペットも当然家族です。
堺市にある当院は、スタッフ一同、小さな症状から難しい手術を必要とする病気まで、どんな場合もていねいな説明と施術を行います。
そして、動物たちと患者さまを笑顔にしたいと考えています。

投稿者: 大下動物病院

2015.09.16更新

こちらは、堺市にある動物病院です。
愛犬、愛猫などの大事なペットのちょっとした変化のご相談、去勢手術、怪我や病気などの診察や手術等行っております。

大事なペットが、普段と違うというご心配で来院され、ちょっとした症例で軽い病気と判断しないよう、オーナー様からの詳しい問診を大切にし、詳しく検査したり、連携のある病院と相談したりして個人医院の診断の偏りというデメリットも考慮しております。

動物は、何を訴えているかわかりにくいので、オーナー様の普段から接する対応が病気の発見につながります。
例えば、癌などのしこりは普段からオーナー様がなでたりしていないと、なかなか発見しづらい事もあります。

ペットの予防接種、検診も気軽にお越しください。

投稿者: 大下動物病院

2015.09.14更新

いつもとワンちゃんの様子が違って、じっとして動かない、寒くないのに震えがある、食欲がないときなどは、体に痛みを抱えているかもしれません。
犬に多く見られる、椎間板ヘルニアは軽い腰痛から始まり、後ろ足の麻痺に至る可能性があります。
発症から8時間以内の治療が効果的ですので、もしかしたらと感じた際はお早めにご来院下さい。

堺市にあります当院ではレントゲン装置、血液検査、尿検査等のための機器等を備えており、モニター類も完備した広い手術室もあります。
比較的大きな手術の場合には、近隣の動物病院の医師も立ち会い、また普段から複数の視点から診察ができるようネットワークを築いております。

ホームページから無料メール相談も応じております。
お気軽にご相談下さい。

投稿者: 大下動物病院

2015.09.07更新

言葉を話せない犬やネコなどのペットは、痛みや体調不良を訴えることが出来ません。
そのため、飼い主さんが様子の変化に気がついてあげなければ、手遅れになってしまうこともあります。

じっとして動かない、寒くないのに震えている、食欲がない、足を引きずっている、触られるのを嫌がるなど痛みや体調不良を訴えている場合があります。

犬に多いつい間板へルニアは、発病して8時間以内の治療が効果的です。
また、近年は放し飼いをされている方は少ないので、交通事故などは少なくなりましたが、ちょっとしたことでも大きなケガにつながる場合があります。

フローリングで滑ってしまったり、段差を踏み外してしまった、誤飲をしてしまったなど、人間と同様に注意が必要です。
堺市にある当院は、話せないペットの痛みやつらさを代弁します。

投稿者: 大下動物病院

2015.09.02更新

当院は堺市で15年間、地域のペットたちの健康を見守ってきた動物病院です。
難しい病気や手術内容も、納得いくまで分かりやすく十分に時間をかけて説明致します。

診察や診断視点が偏りがちにならないように、近隣の6つの動物病院と情報ネットワークを構築しています。
それぞれの知識や経験を出し合い、協力しあうことが大切です。
前例が少ない症状の場合は、顔を合わせ話し合います。
比較的大きな手術は、複数の病院の院長が立ち会って行うので安心です。

学会に足を運ぶ、大学の先生を招いてスタッフと勉強会を行う、手術前のイメージトレーニングを行うなど、1つの医院としても努力をしています。
努力と医院間ネットワークの力強いバックアップがあるからこそ、自信を持って患者さまの診察と診断ができるのです。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887