大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2016.01.27更新

当院は、堺市に開業して15年が経過します。
オーナー様の大切なワンちゃん、ネコちゃん、ウサギちゃんの痛みやつらさを数多く代弁してきました。

去勢手術、避妊手術、椎間板ヘルニアの治療、手術、骨折、脱臼などの整形外科疾患、がん、腫瘍の手術、軟部組織の手術、 歯科処置を取り扱っています。

個人病院のため院長が全て診察、診断では偏るため、近隣の6つの動物病院の院長と情報ネットワークを構築し、迷い、前例がない場合、知識、経験談を共有しています。

学会に出席、大学の先生をお招きし、スタッフと共に勉強会を開催しています。
難しい病気や手術内容は、分かりやすい言葉を心掛け、事前に時間をかけて説明をさせて頂いています。
ワンちゃん、ネコちゃん、ウサギちゃんの症状に異変を感じたら、お気軽に何でもご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2016.01.25更新

たいせつなペットの様子がなんだか変だと気づいても、原因がわからないため不安が募るということを、飼い主さまは何度もご経験かと思います。
「人間の言葉で、困っていることや痛いことを言ってくれたらいいのに」きっと何度も、そうお考えになったことでしょう。
当院は、それを叶えたい、ペットの痛みやつらさを代弁したい、と考えている動物病院です。

待合室や入院舎は、ワンちゃんやネコちゃんが不安を覚えないよう、安心できる雰囲気づくりを目指してご用意しました。
また処置室には、飼い主さまも付き添っていただけるので、きっと安心できるかと思います。

当院は、近隣の動物病院の院長さまと情報ネットワークを構築しており、連携した医療体制をとっております。
堺市方面にお住いの飼い主さま、まずはどうぞお気軽にご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2016.01.20更新

毎日ペットと対話をしていますか。
ペットは言葉を話せませんが、鳴き声、目やしっぽ、行動で飼い主様にアピールします。
しかしよくみていないと見落としてしまうかもしれません。
当院は飼い主様とペットの架け橋となり、ペットが出す赤信号をお伝えしたいと考えます。

最近ペットの歯の手入れのご要望が増えてきています。
歯が悪いまま放置しておくと、顎の骨まで浸食します。
悪ければ顎の骨折につながります。
歯の健康はすなわち、身体の健康でもあります。
歯の健康を保ちましょう。

当院で、歯のお手入れをしましょう。
麻酔を打ち、超音波スケーラーで歯石除去をしましょう。
歯槽膿漏であれば、悪化しないうちに、抜歯をします。
堺市にお住いで、ペットに関する質問があれば、ご連絡下さい。

投稿者: 大下動物病院

2016.01.18更新

大切な家族の一員であり、癒しや元気を与えてくれるペットの健康について、気にされているオーナー様も多いかと思います。
日々の健康管理はもちろん大切ですが、普段と比べて食欲が落ちている、元気がないなど、不調のサインを見逃さないことも重要です。

当院は、コミュニケーションを大切にしており、ペットの症状についての疑問や不安を気軽に相談できる、かかりつけ病院を目指しています。
また、近隣の動物病院と連携をとり、お互いの経験や知識を共有することで、診察や診断が偏った視点にならないよう心がけています。

当院は、去勢、避妊手術、がん治療や腫瘍の手術、椎間板ヘルニア、骨折や脱臼等の整形外科疾患、軟部組織の手術、歯科処置などにも幅広く対応しています。
堺市方面で動物病院をお探しの方、お気軽にご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2016.01.13更新

明けましておめでとうございます。
今年も、皆様のご家族であるペットの健康を見守り続けて参ります。

大事な家族であるペットは、話すことができません。
堺市にある当院は、そんなペットの痛みや不調を代弁し飼い主さんとの橋渡しをする動物病院です。

将来子どもを考えていない場合は、避妊や去勢手術をお勧めしております。
病気へのリスクを軽減してくれることは、もちろんですが、マーキング行動を制御することができるのです。
しかし、処置が遅れた場合は、マーキング行動が治らない場合もあります。

避妊や去勢手術は、生後半年から行うのが良いとされております。
健康な身体にメスを入れるのはかわいそうと、お悩みの飼い主さんは多くいらっしゃいます。
当院では、メリット、デメリットを十分にご説明させていただきます。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887