大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2016.11.23更新

何かいつもと様子が違うと感じたら、早目にご相談下さい。堺市にあります当院では、話すことができないペットのケガや病気をいち早く見つけ出し、最適の治療を施します。
例えば、動かない、食欲がない、寒くないのに震えている場合は、どこかに痛みをかかえていると考えられます、犬に多くみられるのは椎間板ヘルニアです。ヘルニアは発症して8時間以内の治療が効果的です。症状に気がついたら、すぐお連れ下さい。
皮膚や筋肉が盛り上がっている場合、しこりがある場合は、がんや腫瘍が疑われます。ペットも人間と同じように良性と悪性がありますが、良性だからといって放置しておくと、悪性化することもあります。当院ではレントゲン装置をはじめ、様々な検査の機器も取り揃えています。

投稿者: 大下動物病院

2016.11.10更新

堺市にございます当院は、ペットの様々な症状でお悩みのオーナー様と言葉を話すことができないペットとの橋渡しになりたいと思っている医院です。
また、近隣の動物病院6医院と情報ネットワークを構築し協力し合うなどバックアップ体制を整え、自信を持って患者様をお迎えしております。
ペットの身体を触った時に、しこりを見付けたことはありませんか。皮膚や筋肉などが一部盛り上がっていたり、腫れていたり、硬くなっている状態をしこりといいます。しこりには、良性腫瘍と悪性腫瘍があり、痛みがなく、硬い、急激に大きくなるなどの場合には、悪性腫瘍の可能性があります。良性腫瘍のものでも悪性化することがあります。悪性腫瘍の場合には転移する前に切除することが大切です。
しこりを見付けた際には、お早めに当院にご来院ください。

投稿者: 大下動物病院

2016.11.07更新

ペットの去勢、避妊手術については、健康な身体にメスをいれることに抵抗があるという方がたくさんいらっしゃいます。たしかに、手術を行うことによる身体的ストレスが大きく、飼い主さまと離れることによる精神ストレスもあります。
しかし、デメリットだけでなくメリットもたくさんあります。前立腺疾患、子宮疾患、会陰ヘルニアといった疾患の発生率が低くなり、攻撃性が緩和されたことによる喧嘩が減り、マーキングなどの問題行動がなくなります。
手術には麻酔を使いますが、当院では安全な麻酔薬を使用し、モニターで厳重に管理していますので、安心していただきたいと思います。
当院は堺市にお住まいの飼い主さまとペットとの楽しい生活をサポートする動物病院です。ペットの様子が何かおかしいと感じたらすぐにご来院ください。

投稿者: 大下動物病院

2016.11.02更新

人間がガンやヘルニアにかかるように、動物も病気にかかります。動物はしゃべることができませんので、痛みやつらさを訴えることはできません。いつも一緒にいる飼い主のみなさまが異変に気づくことができるのです。
いつもと様子が違うなど、何か感じましたらお早目にご来院ください。当院は手術専門の動物病院です。整形外科的手術から、腫瘍の手術、去勢、避妊手術まで幅広く行っております。まずは予約をしていただきご来院ののち、しっかりとカウンセリングを行いますのでご安心ください。少しでも不安に思われていることなどお話しください。
堺市近辺で動物病院をお探しの方は、当院へ一度ご相談ください。近隣の動物病院と連携を取った医療体制で大切なペットの病気を治療していきます。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887