大下動物病院BLOG

sp_bn01.png

2016.12.22更新

堺市の皆様こんにちは。当院は近隣の6医院の皆様と情報ネットワークを構築し協力し合っている個人医院です。院長が全ての診察、判断を出来るということが最大のメリットではありますが、前例が少ないことや迷いが生じた時に互いにバックアップをすることでカバーしあっているのが特徴です。
去勢避妊手術からヘルニア、骨折などの治療、がんや内蔵疾患の治療など、言葉を話すことが出来ない動物たちの痛みやつらさを代弁出来る存在でありたいと願っております。
院内設備としましては、レントゲン装置や透視装置も備えており、診察室も少しでもワンちゃん、猫ちゃんたちのストレスを減らすべく二つ設けております。
また当院では十分な説明やカウンセリングを行っておりますので、ご不安な点など何でもお気軽にご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2016.12.13更新

当院は大阪府堺市にございます動物病院です。わかりやすい説明と丁寧なコミュニケーションを重んじ、些細に思えることでもお気兼ねなくご相談いただけるかかりつけ医を目指しています。
いつも元気なワンちゃんが暖かな部屋でも震えている時には、痛みを我慢している場合があります。じっとしている、食欲もないなどの症状が見られましたら、お早めの受診をおすすめします。椎間板ヘルニアの可能性があるからです。
ヘルニアは早期の治療が大切で、特に発症後8時間以内が効果的であると言われています。ですが即手術というわけではありません。飼い主さまに、ワンちゃんの状態と選択肢をしっかりとお伝えし、ご理解とご納得を得られた上で治療に入ります。おかしいな、と感じることがございましたら、お気軽にお越しください。

投稿者: 大下動物病院

2016.12.08更新

動物たちと暮らしたことがある方ならきっと、彼らに癒され、元気をもらった経験があるでしょう。ものを言わない彼らは、そばにいてくれるだけで不思議と温かな気持ちにしてくれる存在です。そんな彼らに私たちがしてあげられることとは何でしょうか。
きっと、平穏でやさしい毎日と美味しいごはん、そして犬ならマイペースの楽しい散歩があればニコニコ顔で暮らしてくれます。動物たちは欲張りではありません。
ただし、飼い主さんが日頃しなければならないのはそれだけではありません。食欲や目の輝き、尿や便の異常に目を配り、いち早く体調の異変に気付づく必要があります。
当院は堺市で開業して15年になる動物病院です。大切な家族である犬や猫、うさぎたちの体調が気にかかったら、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

2016.12.05更新

当院は、話すことのできないペットたちの痛みやつらさを代弁している動物病院です。多くのワンちゃん、ネコちゃん、ウサギちゃんと出会い、喜び、悲しみ、悔しさを共に味わってきました。
個人院であるため、院長自らが全て診察、診断できますが、視点が偏り、少なくなりがちという弊害が生じます。そのため、近隣の6つの動物病院とネットワークを構築しています。迷いが生じ、前例が少ない時等はお互いに顔を合わせ、お互いに持っている知識、経験談を出し合いながら、協力しています。大きな手術の場合は、各医院に出向き、複数の院長立ち会いのもとに治療可能です。
難しい病気や手術内容も分かりやすい言葉で、十分に事前に時間をかけ説明をさせていただきます。不明な点は、遠慮なくご相談ください。ご来院をお待ちしています。

投稿者: 大下動物病院

2016.12.01更新

年末年始は、ワンちゃん、ネコちゃんたちペットの体調が悪くなりがちな季節です。
日頃は、ペットの体調管理に気をつけていらっしゃる皆さまも、この時期は、どうしても生活のリズムが乱れがちになります。楽しいイベントや来客が多い時でもありますので、普段食べない食べ物を、ペットが口にしてしまうこともよくあります。また、寒い季節ですので、風邪や、暖房器具による火傷などにも注意が必要です。
堺市にある当院は、地域の皆さまが、お気軽にペットの健康相談に来ていただける動物病院を目指しています。
お正月に、家族の一員である大切なペットの具合が悪くなったら大変です。暮れはお忙しいとは存じますが、ワンちゃんたちの様子には充分注意していただいて、具合が悪そうだなと感じられたら、早い目に当院まで、ご相談ください。

投稿者: 大下動物病院

大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887 大阪・堺で動物病院の手術なら大下動物病院へ お電話でのお問い合わせはこちら 072-255-6887